October 24, 2016

 「お母さんにしては珍しい色使いのお菓子ねー」と、長女に言われて ハッとした。

年々、はっきりカラーに心くすぐられることが多くなってるかも!

October 11, 2016

 炭の音に癒されています・・・

銅の火鉢 道具道楽と言われた

おじいちゃまが残してくださった

素晴らしい物ですが

日常使いに酷使してしまいそう

おじいちゃまありがとう

October 6, 2016

強い強い風が吹いたかと思えば

夏のような太陽
あつくなったり寒くなったり

風が吹いたり

体がきっと大忙し。

北風と太陽が コートを脱がそうと

競っているのでしょうか・・・

体調を崩しやすい気候です

みなさまどうぞご自愛ください。

October 5, 2016

もう忘れてしまった、ということにしてきた。
もう終わった、ということにしてきた。
もう初めから何もなかったんだ、ということにしてきた。
なんにも見えてない、ことにしてきた。
なんにも聞こえてない、ことにしてきた。
なんにも感じてない、なんにも思ってない、なんにもなんにも。


全部全部無駄だった。
そこにあるものは、変わらずそこにあった。
そこにあるものを
ないものにしようとするのは
それがなんにせよ、それがどんな意味をもつものだとしても。
それでも。
いのちの冒涜のように感じている。

Please reload

Please reload

 と お菓

​Sarajya